【医師が監修】 包茎は亀頭包皮炎の原因になる?主な症状と治し方、治療時のポイント

包茎は、亀頭包皮炎の原因になるといわれています。

亀頭包皮炎は、細菌や真菌が感染し、繁殖することにより亀頭と包皮が炎症を起こす病気です。病院で処方される薬を使用することにより治すことができますが、包茎の場合には不衛生になりやすいため、再発することもあります。包茎で、亀頭包皮炎をくり返す場合には、包茎の治療も選択肢となるでしょう。

この記事では、亀頭包皮炎の症状、主な原因、治し方と治療時のポイントについてご紹介します。

目次

  • 亀頭包皮炎の症状
  • 亀頭包皮炎の主な原因
  • 亀頭包皮炎の治し方と治療時のポイント
  • 亀頭包皮炎は包茎手術を検討しよう

亀頭包皮炎の症状

それでは最初に、亀頭包皮炎の症状について見ていきましょう。

亀頭包皮炎とは

亀頭包皮炎とは、亀頭と包皮に細菌や真菌が原因の炎症が起こる病気です。

亀頭部に炎症が起きた場合は亀頭炎、包皮に炎症が起きた場合は包皮炎と呼び分けることもあります。

亀頭包皮炎の種類

亀頭包皮炎には、細菌性のものとカンジダ性のものとの2種類があります。

細菌性亀頭包皮炎

細菌性亀頭包皮炎は、レンサ球菌や大腸菌、腸球菌、ブドウ球菌などの雑菌が陰茎や亀頭で繁殖することによって発症します。体調不良や不衛生な状態がつづくと発症しやすくなるといわれます。

発症すると、発疹や発赤、ただれのような症状が見られ、かゆみや腫れ、痛みをともなうこともあります。症状が悪化すると膿がでることもあります。

カンジダ性亀頭包皮炎

カンジダ性亀頭包皮炎は、カンジダ菌の繁殖により亀頭と包皮が炎症を起こした状態です。現れる症状は細菌性の場合とほぼ同じです。ただし、カンジダ性の特徴として、亀頭と包皮が乾燥し、カサカサとした白い皮がむけてくることがあります。

亀頭包皮炎の主な原因

亀頭包皮炎はどのような原因で発症するのでしょうか? 主な原因は、包茎、性行為やマスターベーション、局部の洗いすぎ、および免疫力の低下であるといわれています。

包茎

包茎は、亀頭包皮炎の主な原因の1つです。包皮と亀頭のあいだに恥垢がたまりやすく不衛生になりがちであるために、細菌が繁殖して亀頭包皮炎を発症するケースがあります。

包茎であっても、毎日清潔に洗っていれば基本的には問題がありません。ただし、清潔にしていても亀頭包皮炎をくり返す場合には、包茎手術などの対策をとるのが望ましいでしょう。

性行為、マスターベーション

性行為やマスターベーションも亀頭包皮炎の原因となることがあります。

パートナーの女性が膣カンジダ症にかかっている場合には、性行為によってカンジダ菌が感染し、亀頭包皮炎になることがあります。カンジダ菌の感染を防ぐためには、性行為の際にコンドームを使用することが効果があるといえるでしょう。

また、過度なマスターベーションを行うと、ペニスを傷付けてしまうことがあります。その場合にも、亀頭包皮炎を発症することがあります。

局部の洗いすぎ

陰茎部分を必要以上に洗いすぎると、亀頭包皮炎の発症リスクをかえって高める可能性があります。洗いすぎにより陰茎に傷を付けてしまうことがあるからです。

免疫力の低下

疲労やストレスなどにより自律神経が乱れ、免疫力が低下しているときにも、亀頭包皮炎を発症しやすくなります。免疫力が低下すると、体の抵抗力が弱まるからです。

糖尿病や自己免疫疾患などの免疫機能を低下させる持病がある人は、亀頭包皮炎にかかりやすいといわれます。

亀頭包皮炎の治し方と治療時のポイント

亀頭包皮炎にかかった場合の治し方、および治療時のポイントについて見ていきましょう。

治療法

亀頭包皮炎を治療するためには、男性器治療の専門クリニックや一般病院の泌尿器科などで処方される塗り薬や内服薬を使用することが一般的です。包茎が原因で亀頭包皮炎をくり返す場合には、包茎手術を受けることも選択肢となるでしょう。

亀頭包皮炎は、原因によって治療に使用する薬が異なります。薬は、必ず医師の指示に従って使用しましょう。持病がある場合には、クリニックや病院であらかじめ申告することも大切です。

治療時のポイント

亀頭包皮炎の治療時には、ペニスを清潔に保つことがポイントです。お風呂やシャワーで亀頭と包皮のあいだをていねいに洗いましょう。ただし、洗いすぎは亀頭包皮炎を悪化させることがあります。洗いすぎないようにすることも大切です。

亀頭包皮炎は、一度治ってもまた再発する可能性があります。ペニスは日頃から清潔に保ちましょう。もし包茎の場合に亀頭包皮炎をくり返すようならば、包茎手術を受けることを検討するのも良いでしょう。

亀頭包皮炎は包茎手術を検討しよう

以上で見てきた通り、亀頭や包皮に細菌や真菌が感染し、繁殖することによって発症する亀頭包皮炎は、包茎が原因の1つだといわれます。薬で治療することにより一度は症状が収まっても、包茎の場合には不衛生になりやすいため再発することがあります。亀頭包皮炎をきちんと治そうと思うのなら、包茎手術を受けることも大きな選択肢だといえるでしょう。

包茎手術を受けることを検討する際には、専門クリニックでカウンセリングを受けることがおすすめです。カウンセリングでは、医師が症状を診察したうえで適切な治療法を提案してくれます。また、疑問や不安がある場合には医師に相談することもできます。カウンセリングを受けることにより、包茎手術に対する自分自身の考えを明確にできるでしょう。

包茎治療の実績豊富な上野クリニックでは、カウンセリングを無料で行っています。ただし、亀頭包皮炎など病気に関する診察は2000円(税別)の費用が発生します。
上野クリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまでを通して、患者様の悩みの解決を全力でサポートします。

◎ 監修者プロフィール
氏名:河村 悦宏(カワムラ ヨシヒロ)
担当:新潟医院
役職:院長、医療法人社団上伸会 理事長