包茎とは

包茎とは、亀頭を包皮が包み込むことで露出できない状態のことを指します。 乳幼児は人体的に元々包茎ですが、成長していくにつれ、包皮は陰茎の成長に従って後退していきます。 本来、二次性徴が終わるころには亀頭が露出します。しかし、包茎の方は二次性徴後も亀頭が包皮に覆われたままとなります。

仮性包茎

包皮が亀頭を包み込んだ状態となり、亀頭を露出できませんが、勃起時や手を使うと露出可能な状態を指します。包皮口の広さは問題無いものの、包皮が長すぎることが基本的な要因となります。 仮性包茎には、手術不要な軽度な場合から重症まで様々なパターンが存在します。

真性包茎

亀頭の大きさよりも包皮口が狭いことで、勃起時や手を使用した場合でも亀頭を露出できない状態を指します。放置し続けると、排尿に支障をきたす場合や、腎障害の原因となる可能性があります。

カントン包茎

重症な仮性包茎や、真性包茎の場合に、無理やり包皮を剥くことで、ペニスが包皮口に締め付けられ、元に戻らなくなる場合があります。包皮口の締め付けにより亀頭部が腫れ上がり、激しい痛みを伴います。 この状態がカントン包茎にあたり、すみやかに病院・クリニックで治療を受ける必要があります。

亀頭包皮炎

包茎を放置していると、亀頭と包皮の間に尿がたまり、恥垢が溜まりやすくなります。亀頭と包皮の間に蓄積した恥垢が亀頭包皮炎を発症することがあります。 陰茎から膿が出ることや、痛みなどを伴う病気です。

包皮と亀頭の癒着

亀頭包皮炎を繰り返していると、亀頭と包皮が癒着します。この状態で亀頭と包皮を剥がそうとすると出血や痛みがあります。

包茎を放置した際のデメリット

包茎の程度によりますが、亀頭と包皮の間に恥垢が溜まりやすくなり、感染症や悪臭の原因となります。 また、不衛生な状態となりやすいため、男性として女性パートナーにも迷惑をかけることにつながります。

上野クリニックの治療の流れ

STEP1 無料カウンセリング予約

 上野クリニックでは、無料の診察・カウンセリング予約をおこなっております。 完全予約制のため、包茎手術をお考えの方や、包茎に関する悩みをお持ちの方は事前に24時間フリーダイヤルにてご予約の上、ご来院頂ますようお願い致します。

STEP2 ご来院

ご来院されましたら、カルテ作成に必要な問診票等の書類にご記入いただきます。

STEP3 カウンセリング

カウンセラーより当日の流れをご案内させていただきます。 当院での施術経験を元に、施術前後でどのような変化があるかご説明します。 一生に一度の大切な手術ですので、不明点を解消していただいた上で、施術の必要性や、 適応性を判断します。

STEP4 手術

カウンセリングにてご納得頂いた場合は、当日に手術を行います。 カウンセリング内容に沿い、一人一人に応じた施術を実施しますので、手術時間は40~50分程度かかります。

STEP5 アフターケア

手術当日にご帰宅頂けますが、当日の風呂、シャワーは避けてください。その他の消毒方法や性行為可能となる期間まで、術後のケア方法に付きまして詳細にご説明させていただきます。 上野クリニックでは全国の医院で24時間体制でのアフターケアを実施しております。